dokin のらり暮らすDiary

うつ病、広場恐怖症、会食恐怖症⁇何それ?? 自分が発症するまで聞いたこともなかった。寛解までの道のりは苦悩ばかりで、出口のないトンネル。のらりくらり生活で克服を目指す⭐20代後半OLが綴る気まぐれ日記

誕生日

日記も書く気にならないほどしんどい日々を送っています。
今日は朝から誰にも話せない心の内を記そうかと。

ここ最近、食生活の見直し、民間療法、その他ネットや本で読んだパニック障害克服法、いろんなことを手当たり次第やってきました。

勿論、効果があるものも沢山あります。これを続けたら克服できるのかもと思うときもありますよ。
でも、1日に数回起こる発作が怖くて怖くて、小さないい変化なんか一瞬で心の中から消えてしまうんですよね。

誕生日を迎え、ここ数日、多くの人がお祝いをしてくれました。
それは大変ありがたいことであり、心底嬉しかったです。私は周りの人に恵まれたなぁと幸せを感じました。
その気持ちに嘘はありません。ただ、それと同時に言葉にできないほど怖かったのです。

返事しないと
元気だよって言わないと
笑顔でいないと
幸せを感じていないと
大丈夫って言わないと

せっかくお祝いしてくれた皆さんの気持ちに応えたくて一生懸命でした。
お祝いしてくれた皆さんに失礼なのは分かっています。
だからこそ誰にも言えず、日記に書くことにしました。

本当は、毎日が苦しくて苦しくて仕方がない。これからまた1年この発作と向き合うのが嫌だ。逃げ出したい。発作が出るのなら、電車もエレベーターも車も乗りたくないし、仕事もしたくないと弱音を吐きたかった。

でも、もうここで弱音を吐いたので気持ちを切り替えます。また発作や予期不安と向き合います。
どこからでもかかってこい!!!!闘ってやる!!!!!!

【パニック発作 対処法】今日はこれで乗り越えた

今日もお疲れ様でした。

久しぶりのしんどい1日だったので、書き残そうかと…。

 

朝からなんとなく嫌な予感はしていたけど、薬を飲まずに出社。

9:00 

デスクに座った瞬間から、胃の不快感、動悸、吐き気、冷や汗のハッピーセット。全然ハッピーじゃない笑

11:30

不快感に耐えていたが、過呼吸気味になってきたので一度フロアから離れることに。今回は別フロアのお手洗いにある鏡の前で自分をじーーーっと見つめていました。15分ほど深呼吸を心がけているとなんとか治まってきて自席に戻る。ここで心がけたのは、子下記リンクで紹介されていた54321法。コレ、優秀です⭐

12:00

休憩となり、コンビニのおにぎりとつくね団子を食べた。食欲はあるんだーと自分でも驚き。

12:05

お昼にコンビニ飯を食べたのが間違い。もう吐き気と動悸が激しく、PCの前にいるのが辛い。そこで…自律神経を整える音楽を自分のスマホで片耳イヤホンをしながら流し、ごまかしながら仕事開始。気分が少し落ち着いた曲2つをご紹介!!(この対処法ができたのは偶然イヤホンを使って音声編集をする仕事があったから。今後は使えないかな…)

14:00

何をしていても不安感と吐き気が消えず、またもや発作っぽいものが。午前中も15分の休息があったので、何とかデスクで頑張りたいと思い…「きつい、怖い、しんどい、辛い、吐き気etc.」を紙にひたすら書き出してみました。すると、ほんの数分でデスクに座っていられるくらいの状態までもっていくことができました!!紙に書くことによって、パニック発作から別のことへ意識を向けたから改善したのだと思います。

15:00

社内暖房のむーんとした暑さから吐き気が増し、身体の火照りもひどくなってきたので窓を開けてもらい換気を依頼しました。自分でタオルを冷やし、首にあて応急処置。我慢の限界で吐き気止めの薬と抗不安薬を服用。

16:30

通常モードまで回復。これまでの出来事がなかったかのように元気100%。「発作に振り回される人生嫌だーーーー!!!」と心の中で叫ぶ。

18:00頃

無事に定時を迎え、帰路につく。はぁ…今日は久しぶりのハードモードなキツさ。でも、働けなくて仕事を辞めた時に比べたらマシ!!頑張った頑張った。ホメ療法で本日を締めくくります。

 

【パニック障害】職場でオープンに

今日も1日お疲れさまでした。
昨日から風が強くて、歩いていて飛ばされそうになった笑

今日は1つ進展が‼️

職場の一緒にフロアで働く皆さんへパニック障害(広場恐怖症・会食恐怖症)のことをオープンにしました。
オープンを決心できたのは、職場で働いていてここのフロアにいらっしゃる方々の心温かさを毎日感じていたから。皆さんから、自分の家族や友達を大事にしている話を日々聞いていたので、障害を理解してもらえるかも…と思うようになりました。

まず、1番お世話になっている方と2人で会議室に入り、下記のことを話しました。

・広場恐怖、会食恐怖症を持っていること
・発作が出たとき、働いているフロアではなく、1人になれる場所に逃げたいこと
・発作中は電話がかかってくることにすら恐怖を抱くこと(電話対応中はその場から逃げられないから)


その方は開口一番「いつも心配してたのよ。そうだったのね。そんな状態なのによく頑張ってくれてありがとう。できる限りのサポートはするから。」と私を優しい言葉で包んでくれました。さらに「他の人には私から全部説明するから。だって、dokinちゃんがわざわざみんなの前で私は病気です!!って公言する必要ないでしょ?こんな状態だから、周りはこういう対応をしてほしいっていうのを私から伝えとくね。」と代弁を申し出てくれたんです。心遣いに涙を堪える私。

皆さんに説明していただいた結果
・発作が出たら何も言わなくていいからフロアを出て、治まるまで好きなところで休んだり、好きな場所で仕事したりしてOK
・無理をしない
・元気なときは他の人の100倍働く(これは冗談だからね❤️と)

という結論を頂戴しました。皆さんに謝罪をすると「全然いいよー。え?なんで?って思うようなことじゃないし。むしろどうぞって感じ」とラフな返事がきてホッと一安心。

午前中にキツくなり、早速15分ほど別部屋で仕事をさせてもらったのですが、何事もなかったように接してくださったので大変ありがたかったです。
この職場では最大の力が発揮できそう😊元気な時は他の方の100倍以上頑張らねばと決心。
職場の皆さんの寛大な心と、私のことを理解しようと努力してくださる気持ちに感謝いっぱいの1日でした。

オープンにするのは簡単にできることではないし、職場や学校等の状況によってオープンにしない方がいい場合もあると思うので、しっかり見極めた後のオープンをおすすめします。

【パニック障害克服シリーズ ウォーリー編】人生が変わった出会い⭐ 

私、1日お疲れ様。コロナ関係で仕事もプライベートもバタバタしていて心も落ち着かない日々…。周りの環境が大きく変わり、体調に悪い変化が出てしまっているのは私だけではないのでは?体調を崩してしまい、日記から遠のいてしまった。でも、体調が良くない時こそ書き残すべきだったと反省。今日からまた綴っていこう。

 

今後の日記では、私が持っているパニック障害広場恐怖症・会食恐怖症)の症状に改善の兆しを見始めたきっかけやその変化を日記に書き始めようかなと。本当は門外不出にしたいところだけど特別に!!笑

 

2020年8月1日。

 

私の人生を変える出会いが訪れました。その方の名前はウォーリー(仮名)笑

身バレを防ぐためにもウォーリーについては仕事関係者とだけ書いておきます。

人生4度目の転職をしたばかりで、出会った日にたまたまスーツを着ていた私を見て、ウォーリーは「dokinさんは不健康な身体をしてるね。普段は何を食べてるの?」と一言。私は「普通の食事ですよ」と多くは語りませんでした。

 

別の機会にウォーリーとお話しすることがあり、精神疾患を持っていることや、体調を崩しやすいこと等を相談すると「この習慣をやめて、これを始めなさい。理由は…」と山ほどアドバイスをしてくださりまして。全てを一気に変えることはできないと判断した私は、実行に移せるものから順番にスタートさせることに。自分のライフスタイルを変えていくことは面倒くさいのですが、地道に続けていると徐々に効果が!!

 

【ウォーリーのアドバイス その壱】

パンを食べる習慣をやめなさい

 

【その理由】

人間の遺伝子は、狩猟採集時代を生き抜くため、進化の過程でプログラムされたんだそう。しかし農耕が始まり、急激に生活環境が変化したため、カラダや脳に対する環境からの情報が大きく変化した結果、現代人から健康が損なわれているんです。

簡単に言うと…

狩猟採集時代⇒動物からのタンパク質や脂質中心の食事で、糖質は木の実やベリーなど限られたもののみ。

穀物を食べることは非常に稀だった!!

農耕開始以降⇒動物肉と違い、小麦などの穀物は貯蓄ができる。そのため、主食がお肉から糖質の高い穀物に変化していった。

↓↓↓

現代人は、遺伝子がプログラムされた時代にはなかった糖を利用した、糖代謝メインの身体になってしまいがち。身体の遺伝子と環境の差が生じているため、身体に不都合が起こってくる。

それに加え、パンは小麦の加工食品🍞小麦の加工食品は、体内で分解されにくいから身体を冷やしてしまうし、栄養の吸収も上手くいかず代謝も悪くなる。

 

【パン食の機会を減らした結果】

朝食はパンしか食べない主義だったのですが…話を聞いた翌日から朝食をヨーグルトやバナナ、納豆、みそ汁に変更。

すると、1週間くらいで毎日キンキンだった手足の冷えがなくなりました。それに、体調が悪いと胃がパンパンで石みたいに硬くなる感覚があったのですが、その感覚も少しずつ柔らかく感じるようになり、パニック障害の吐き気や不安感が出る頻度も以前より減っています。

 

今後、ウォーリーから教えてもらったことをウォーリー編として載せていきます。ウォーリー編は食生活に関わることになりそうです。他にも○○編と増えていくので、食生活について気になるときはウォーリー編へ笑

ストレスの根源を探る…

ご無沙汰の日記。

成人の日を迎えられた皆さま、おめでとうございます。お祝いが遅くなり申し訳ありません。連休中は諸事情でPCを開く元気がなく、本日に至っています。頭と心の中がごちゃごちゃしている状態。

 

ですので、今日は何かを伝えるわけではなく、リアルな現状を書きながら自分のことを整理したいと思います。

私は、母・弟と3人で実家に住んでいます。母は昔から情緒が不安定で、幼いころから一人でシクシク泣く母の姿を見ていました。その影響からか、私は自分に困難なことが立ちはだかっても、親を始めとする家族に打ち明けることができず、気づけば悩みを1人で抱え込む性格になっていました。

 

うつ病広場恐怖症、会食恐怖症、拒食症」これらを患ったことを、私は未だ母にきちんと伝えることができていません。理由は明らかにコレ。全てを伝えると100%の確率でこの言葉が返ってくるから。

・私の育て方が悪かったから病気になった

・私が入院したせいで、あなたが病気になってしまった

と自責して泣く。

この姿を見たら、私は多大なストレスを感じ、更に病気から立ち直れなくなりそうで怖くて。悩みも苦しみも全てを抱え込み、1人部屋に閉じこもり発作と不安に耐える日々を送っています。

 

最近は母も弟も冬休みに突入。母はパートに行かなくなり、弟も学校へ行かずグータラ。内向的な母は自宅でひたすらマスクやエコバッグを作るだけ。弟はゲームか昼寝。

そんな2人を見ながら仕事へ出かけ、淀んだ空気が出ている自宅へ帰宅することを苦痛に感じるようになりました。

 

そのせいか私はリビングへ行くと動悸や吐き気に見舞われ、家族団らんをすることができなくなり、今は自室で「孤食生活」を送っています。 お手洗い、お風呂、キッチン以外は自室で過ごす日々。もちろんご飯も自分のお部屋で食べます。かれこれ1ヵ月以上はこの生活のはず。年末年始も、挨拶だけすまし、あとは自室に籠るor散歩をしていました。この生活にもストレスを感じ始めたのか、ここ数日はキツくなる頻度が増えている気が。自宅にても苦しくて心休まらない、外に出ても広場恐怖や会食恐怖が待ち構えている…。私はどこにいるのが正解なのか自問自答する毎日。そろそろ限界を迎えそうです苦笑。

 

本日は少し弱音を吐きました。お見苦しいところをお見せしてすみません💦

【広場恐怖症】dokinの通勤中お守りグッズ②

金曜日&土曜日お疲れ様でした。ここ2日間は自宅も会社近くも大雪でモフモフ⛄

雪景色が綺麗でテンション高めな2日間。

 

前回の日記では、ドアツードアで約1時間通勤をしている私のお守りグッズを紹介していました。今回は第2弾!!

 

【dokin 通勤のお守り 】第2弾】

※★5が最大で、★が多いほどリラックス効果が高い&発作を防いでくれるものです。

 

No.5⇒鏡★★★

鏡??なぜ??ってなりますよね笑…

キツくなり始めて(発作が出て)、自分の頭の中が「キツい、苦しい、どうしよう」でいっぱいになった時に使います。鏡で自分の顔を見たり、鏡を見ながら髪の毛を整えたりすることで、気持ちを「キツい」ことから他のことへ逸らすことができるんですよね。

 

No.6⇒何かしらの袋★★★★

 広場恐怖症の症状として過呼吸があります。ひどい発作になると呼吸が乱れて苦しくなるので、ペーパーバッグ法をできるように常備。(この方法で過呼吸に対処するのはよくないと言われているのであまりオススメはできないかも…)

あと、袋を1つ持っていることで、もし吐き気がきても、最悪ここに出せばいいから大丈夫って言い聞かせるために持っています。(実際に使ったことはないけど)それに、何かゴミが出たときにゴミ袋として使えるから持ってて損はない!!

 

No.7⇒耳栓★★

 私はHSP気質があり、聴覚が人より過敏なようで。人の話し声や、嫌いな機械音がたくさんあります。普段は「うわ。この音不快だな。」くらいで過ごせるのですが、キツい状態だと音の不快感が吐き気に繋がることがあるので、耳栓を常備しています。集中したいときや、自分の嫌いな音を遮断したいときにヒョイっと装着していますよ。ちなみに私が使用している耳栓はこちら。2種類入っていて、外の音をどれくらい遮断したいか調整できるから便利!!

どんなのだろう??と思った方はクリック 

 

No.8⇒本物のお守り★★★★★

旅先のプレゼントでもらった「御守り」

側にいない時もちゃんと見守ってるからね。というメッセージを込めてプレゼントしてもらったので、カバンのポッケに入れています。キツくなった時に御守りが目に入ると「大丈夫。一人じゃない。」と勇気をもらえるんですよね。こうやって周りの人が支えてくれ、本当にありがたいなと感じています。

 

No.9⇒めげない心★★★★★

 最後はこれ!!

どんなにキツくても、何回キツい日が続いても「いつかは治る。今キツい思いをしている分、未来は誰よりも幸せな日が待っているんだ」と病気にめげない心を持つようにしています。まぁ、この心も毎日持てるわけではなく…泣。本当にしんどいときは逃げたくなります。というより逃げます。「なんでこんなに不幸なんや!!」って口に出してとことん落ち込む。でも、口に出した後はスッキリ感があるんです。心の中でずーっと抱え込むより、辛い気持ちは吐き出した方がいい。(持論)

あ!!「言霊」という言葉があるので、辛い気持ちを吐き出した後は「やっぱり私は幸せだわー。明日も絶対いい日になるやろ。」とプラスの言葉で終わるようにしています笑

 

 

雪は今日でなんとかなるのだろうか…明日から楽しい予定が待っているのに。明日も皆さんが笑顔で過ごせますように🌟おやすみなさい。

【広場恐怖症】dokinの通勤中お守りグッズ

みなさん、本日もお疲れ様です。(毎回書くこの文は自分の労をねぎらう儀式でもあります笑)

今日は朝から雪が舞っていましたよ⛄完全防寒しようと思い、白セーター、白ニット帽、ダウンコートで職場へ。「ゆきんこちゃんが出勤してきた~!!」と笑われました(^^)

 

私は毎日、バス(10分)・電車(30分)・地下鉄(2分)を乗り継いで通勤をしているのですが、広場恐怖を持っている身からすると生き地獄でしかない。会社近くに住めばいいじゃん!!と思う方が大多数なのは重々承知ですが、いろんな事情があるのでその点はご容赦ください。

私のように広場恐怖症を持ちながら、長時間の通勤・通学をされている方がいるのかな?と思い、今日から数日間の日記では私が通勤時間に欠かさず持っているお守りグッズを紹介していくことにしました。

 

【dokin 通勤のお守り】

※★5が最大で、★が多いほどリラックス効果が高い&発作を防いでくれるものです。

 

No.1⇒スマホ&イヤホン★★★★★

「何かあった時、誰かに連絡ができる」この安心感を超えるのものはない。

私の場合ですが…ある特定の画像を見たり、音楽を聞いたりすると不安症状が軽減されるんです。たとえ電車の中でキツくなった(発作が出た)としても、ある音楽を聞くと電車を降りずに済むことが多いんですよ。

いつも見ている画像は、楽しかった思い出が詰まった写真ですね。あとは、光の画家Chieさんの画像です。ヒーリングアートに長けたChieさんが描く、原色ではない優しい色を多彩に重ねたテイストが気に入っています。Chieさんの絵はアートセラピーの効果を得られる方が多いようです。私もChieさんの絵を眺めると心がスーッと楽になり、胃の不快感が軽減されます。気になる方は下記URLをクリック☟

 スマホで聞く音楽でおススメなのがこちら。

小林弘幸先生の「聞くだけで自律神経が整うCDブック」です。この本には歌詞のないヒーリングがミュージックが収録されています。自律神経が整うよう、意図的に作られた曲が入っており、聞くだけで心が落ち着いたり、ホッとしたりと不思議。電車内でキツくなったときの特効薬のひとつ。うつ病パニック障害で悩まれている方、騙されたと思ってこの本を買ってみてください!!

こちらのURLからポチれますよ??☟

 

No.2⇒ピルケース★★★★★

これはスマホに次ぐ必需品。飲む飲まないは別として「これがあれば何かあったときに対処できるから大丈夫」と自分に安心感を持たせています。中身はこんな感じ。

ロフラゼプ酸エチル⇒パニック障害用(広場恐怖症・会食恐怖症)の抗不安薬

アルプラゾラム抗不安薬。これは飛行機や新幹線など、長時間の移動を伴うとき用の頓服。作用が強めな分、12時間くらいしか作用しない短時間型。

テヘルペラン⇒吐き気止め。パニック障害発作で吐き気が起きそうなときに飲むために、心療内科で処方してもらっています。

ビオフェルミン⇒腹痛用。(よくOPPになるのです…)

ミヤBM錠⇒腹痛時に服用するもの。これが身体に合ってるみたいで、すぐ治る。

EVE⇒みなさまご存じの頭痛薬

f:id:dokin1019:20210108000649j:plain

 

No.3⇒ハンカチ★★

エチケットとしてハンカチを持つのは当たり前!!

ですが、私の場合はハンカチに自分の家の香りがついていることが重要。友達がいない時や、全く知らない土地で1人キツくなったときは、症状が強めに出ることが多く頭もパニックになりがち…。そんな時、1人になれる場所へ移動し、ハンカチで顔全体を覆って深呼吸をすることで、慣れているお家の香りが入ってきて、何もしないよりは心が落ち着きます。(ハンカチでひたすら香りをかいでいて、傍から見ると不審者かも…笑)

 

No.4⇒ヘアゴム★★

私は1度キツくなると「どうしよう。吐き気がする。呼吸も早いかも…もっとひどくなるかも」と自分自身でどんどん追い込んでしまい、余計にキツくなる傾向にあるのです。そんな時、ヘアゴムで髪をくくったり、ヘアアレンジをしたり、ヘアゴムでちょっと手遊び??(変人ですよね笑)をしたりして、キツいことから他のことへ意識を逸らすようにしていて。不すると、思議とキツさが減って電車に乗り続けられることが多いんですよ。

 

他にも紹介したいものがあったのですが、長くなったので今日はここまで。また明日以降に載せていこうかな。明日は大雪??皆さん、風邪ひかないよう暖かくして眠りましょうね。おやすみなさい。